まんぷく(1)~(6)スタート!!

2018後期まんぷくNHK

NHKの朝の連続テレビ小説「まんぷく」がいよいよスタートしました!10月1日~6日の1週目。まだまだ、『半分青い』ロスから立ち直っていない人もいるかもね。MAXは大好きな長谷川博己主演でご機嫌です!

2018 NHK朝の連続テレビ小説ドラマ まんぷく第1週 #1~6

スタッフ

作  :福田 靖

語り :芦田 愛菜

主題歌「あなたとトゥラッタッタ♪」
DREAMS COME TRUE

演出 :渡邊 良雄

キャスト

今井福子  :安藤 サクラ

立花萬平  :長谷川 博己

今井 咲  :内田有紀

香田克子  :松下 奈緒

香田忠彦  :要 潤

小野塚真一 :大谷 亮平

保科 恵  :橋本マナミ

今井 鈴  :松坂 慶子

あらすじ ネタバレ・感想あり

第1話 「結婚はまだまだ先!」

NHKオンデマンドで『まんぷく』のバックナンバーが視聴できます!
時期によって無料だったりするので、会員登録してメールマガジンをチェックすることをおすすめします!

1938年昭和13年の大阪が舞台。高等女学校を卒業した今井福子(福ちゃん:安藤サクラ)がヒロイン。30を前に小野塚真一(との結婚が決まった咲姉ちゃん(内田有紀)、武士の娘らしいお母さんの鈴さん(松坂慶子)下のお姉さんは子どもが3人いて、現在妊娠中の克子姉さん(松下奈緒)と超!豪華♥
克子姉さんの旦那様・香田忠彦さん(要潤)は売れない画家さん。
亡くなったお父さんは、いろんな商売に手を出してなかなかうまくいかなかったみたい。福たちの暮らしは厳しかったみたい。
大手会社に勤める小野塚はまじめそうで、なんとなくつまらなそう。咲姉ちゃん、ほんとに優しそうでこんなお姉ちゃん、欲しかったなぁと本気で思う。内田有紀、めっちゃきれいだし♪幸せになってほしいなぁ。
咲姉ちゃんは、福子のことが心配。福子のお給料でお母さんと二人やっていけるのか。

福は大阪東洋ホテルの電話交換士として採用された福ちゃんのところに電話をしてきたのが、立花工房の立花萬平(長谷川博己)。まだ二人は出会っていないけど、これから物語がはじまるみたい。

福子は女学校時代からの親友で専門学校に通う鹿野敏子やタイピスト学校に通う池上ハナとともに休日を過ごし、お互いの近況を語った。

咲姉の花嫁衣装が仕立てあがったその日、お母さんがお腹いたくなって大変なことに。
第2話へ続く

第2話 「結婚はまだまだ先!」

NHKオンデマンドで10月16日まで無料で『まんぷく』第2話が視聴できます。
お早めに!!

お母さんの鈴さん(松坂慶子)、福ちゃんと萬平さんのお邪魔になるみたい。
その鈴さんがお腹が痛くてお医者様を呼ぶ。「盲腸かも?」と心配する鈴さん。
この時代は、盲腸も大変みたいで心配する咲姉ちゃん。
克子姉ちゃん(松下奈緒)は、お母さんの仮病説を疑っている。咲ちゃんをお嫁にやるのが嫌だから。

仕事に慣れてきた?福ちゃん。福ちゃんはフロント係の保科さん(橋本マナミ)に憧れている。調理室係の野呂幸吉は福ちゃんにツナ缶をあげたり、どうも福ちゃんが好きみたい。

咲姉ちゃんは小野塚(大谷亮平)と一緒にお母さんの心配をするが、鈴さんは「結婚をもう少し先に延ばして」とお願いする。克子姉ちゃんの読みが正しいみたい。

福ちゃんはチャップリンの「モダンタイムス」を親友のハナちゃん敏ちゃんと見に行った

そんな福ちゃんのところに、また立花萬平(長谷川博己)が電話をかけてくる。間違えて、他の部屋に電話を繋いだ福ちゃんは、客室のお客様に謝りに行った。なかなか英語が上手なんです。この時代の新人電話交換手さん、教育がしっかりしていますね。

家にもどった福ちゃんは、こっそりご飯を食べている鈴さんを発見!しかも福ちゃんがもらってきたツナ缶!福ちゃんもビックリ。。。
第3話へ続く

第3話 「結婚はまだまだ先!」

NHKオンデマンドで10月17日まで無料で『まんぷく』第3話が視聴できます。
お早めに!!

缶詰を食べていた鈴さん(松坂慶子)の仮病を疑って問い詰める克子姉ちゃんと福ちゃん。
鈴さんはやっぱり咲姉ちゃんの結婚が心配でしょうがないみたい。MAXも思ったけど真一さん(大谷亮平)が冷たそうで、咲姉ちゃん幸せにしてくれるかな?って。

鈴さんほんとは福子と二人っきりで生活していくことに不安があるみたい。
咲姉ちゃんも長女の自分がお母さんをおいて結婚することに罪悪感があるみたいで、結婚をやめてしまうんじゃないかと心配する福ちゃん。

今日も調理係の野呂さんにコンビーフの缶詰をもらった福ちゃん。帰りがけにフロントの保科恵に声を掛けられ、福ちゃんが英語が話せるのは小さい頃イギリス人の家庭教師に習っていたのだといった。「お客様のブラウンさんは気にしていなかったわよ。」と、優しい保科さん。
良かった。意地悪キャラじゃなくて。
福ちゃんは、電話をかけてきた立花萬平は怒っているだろうと気にしていた。

立花萬平は、子供の頃に両親を亡くし3年前に大阪に来た。立花のもとに訪れた加地谷圭介(片岡愛之助)は陸軍に立花が作る幻灯機の営業をするから共同経営をしようと持ち掛けた。

ある日支配人に呼ばれた福ちゃんは、「フロント係に移動するように。」と辞令がくだった。べっぴんじゃないとフロント係は務まらなんじゃないかと心配する福ちゃん。
保科さん「あなたの笑顔はとっても素敵よ」って超いい人。

フロント係に抜擢された福子を囲んで、福子は鈴さんに「貧乏になっても英語を習わせてもらったから、フロント係になれた。福子がお母さんに恩返しする番だから。咲姉ちゃんを気持ちよく嫁がせてあげて。」とお願いする。
「咲、真一さんと幸せになりなさい。」と鈴さん。
この頃は家長の言葉は理不尽でもなんでも、絶対なんだろうなぁって思いました。

第4話へ続く

第4話 「結婚はまだまだ先!」

NHKオンデマンドで10月18日まで無料で『まんぷく』第4話が視聴できます。
お早めに!!

ホテルの顔「フロント係」になった福ちゃん。咲姉ちゃんの結婚祝いになにか贈りたいと親友の敏ちゃんのお父さんが見た面白い機械を探しに出かける。
訪れたのは立花工房。福ちゃんは結婚式に幻灯機を使わせてもらうようお願いする。
共同経営者の加地谷は立花に機材を貸し出す代わりに賃借料をとるように言う。

咲姉ちゃんのお嫁入の日前夜。「お母さん。いままで育ててくださって、ありがとうございました。」鈴さんは、「幸せになるのよ。」と抱き合った。
福ちゃんも眠れないみたい。
結婚式当日、克子の夫・香田忠彦(要潤)は咲に文鳥の絵を贈った。福ちゃんは披露宴会場で、用意した写真を幻灯機で披露しようとしたがうまくいかない。
福子はスピーチを始めた。
「昔から男性にモテた咲姉ちゃん。お母さんは心配して、男の人と会うときは福子を一緒に連れていかせました。男の人はみんな嫌だったと思います。真一さんと会った2年前もそうです。福子は真一さんをみてこの人は今までの人と違う。咲姉ちゃんにピッタリやと思ったから。だから真一さんが咲さんと結婚させてくださいと言ってくれたときは、本当にうれしかった。お父さん代わりに家を支えてくれた咲姉ちゃんにやっと春がきたと思いました。真一さん、咲姉さんを幸せにしてください。咲姉ちゃんも、真一さんをしっかり支えてあげてね。それが私の心からの願いです。」
いい挨拶でした。幻灯機に奮闘していた立花も福ちゃんのスピーチに聞き入っていました。

幻灯機が使えるようになり、会場に音楽と咲姉ちゃんの幼い頃の映像が映し出され鈴さんも感無量。咲姉ちゃんも、真一さんも喜んでくれました。

そんな福ちゃんを立花さん、とっても優しく見ていてくれたんです。
帰る立花に福ちゃんは今日の幻灯機のお礼にと、封筒を手渡そうとしたけど
「いや、結構です。自分の作った幻灯機で皆さんが胸をいっぱいにしてくれて、お礼がいいたいのは僕のほうです。」と断った。

なんだか、このドラマはずっとずっと胸がホッコリします。悪い人なんて出てきません。

第5話へ続く

第5話 「結婚はまだまだ先!」

NHKオンデマンドで10月19日まで無料で『まんぷく』第5話が視聴できます。
お早めに!!

時は昭和16年、咲姉ちゃんの結婚式から3年がたちました。その間に第二次世界大戦がはじまっていました。咲姉ちゃんは真一さんと穏やかに暮らし、克子姉ちゃんも相変わらずの貧乏暮らしだけど、4番目の学君が生まれていました。
福ちゃんは21歳になっていました。

福ちゃんはすっかりフロント係も板についています。調理係の野呂さんはいまだに缶詰を福ちゃんにくれます。今日はトマトの缶詰でした。

ホテルでは大阪商工会の定例会が開かれ、福ちゃんや保科さんも接客係に駆り出されました。そこへ発明家になった立花萬平が共同経営者の加地谷と列席しました。
立花は商工会の三田村会長に売り込もうと挑むが、立花に営業は難しい。
そんな時、福ちゃんはお酒をこぼした立花の洋服を乾かしていた。いろいろな機械を発明する立花の話を聞き、「発明家なんですね。立花さんは」と福ちゃん楽しそう。
立花は福子を呼び止め「福子さんは、結婚はされているんですか?」と尋ねた。恋の予感です。(キャー)

その立花に一人で商社をしている世良商事の世良勝夫(桐谷健太)が声をかけてきた。立花の幻灯機を見て、技術者から売るほう、営業に転身したという。立花は新作の小型根菜切断機の話をした。
世良さんはもしかしたら、まんぷく始まって以来の悪い人かもしれません。(この時のBGMが不穏な音楽になりました。)

福ちゃんは、家に帰るとお母さんに立花の話をしたが、咲姉ちゃんの結婚式の時に写真を映してくれた人なんか知らないと。
それより、咲姉ちゃんが体調を崩した。咳が出るみたい。とお母さん。福ちゃん心配です。

第6話につづく

第6話 「結婚はまだまだ先!」

NHKオンデマンドで10月20日まで無料で『まんぷく』第6話が視聴できます。
お早めに!!

福ちゃん、咲姉ちゃんのお見舞いに来た。「気になっている人はいないの?」と聞く咲に「そんな人いない。」と福ちゃん。
咲姉ちゃんの夫・真一も心配してお昼にお粥を作りにかえって来た。福子は会社から早帰りして、咲を気遣う真一を見てそんな夫婦もいいなぁと思った。

一方克子姉ちゃんのところは生活が苦しく忠彦の実家にも頼っていたが、鈴(松坂慶子)は少しお金を借りたいと来た克子を断った。福ちゃんは、克子姉さんのところに少しのお金を届けた帰り道、立花萬平と偶然出会った。すかさず、「仕事がもう終わったので、お茶でもどうですか?」と尋ねる立花に福ちゃんのお腹がグ~と返事をした。福子は大好きなラーメンの屋台に立花を案内した。3年前にホテルで電話交換手をしていた女性に立花は別の部屋に電話を繋がれた話をすると、それは福ちゃんだったと判明して
「こういうのを縁っていうんですかね?」と。立花さんも福ちゃんもとっても嬉しそうで見ていて幸せになります。

世良商事の世良に作業所を見せることを了承した立花に、共同経営者の加地谷は別の根菜粉砕機を扱っている世良に気を許すとは人を見る目がないと詰め寄る。
加地谷の、「一応俺がココの社長や。」という言葉にも引っかかる。

この年の12月日本は遂に米・英を敵に回し大きな戦争に突入した。大阪の町は活気にあふれていた。
立花は福ちゃんが務める大阪東洋ホテルに立ち寄った。
「福子さん、アメリカと戦争が始まってしまいましたね。でも、でも、僕と付き合っていただけませんか?お願いします。福子さん!」

って。こんなお誘いの言葉ある?長谷川さんは、本当に昔の人の役が似合う。

まんぷく のモデルは?

2018年後期のNHK連続テレビ小説は99作目なんですって!もの「まんぷく」には実在するモデルがいます。インスタントラーメンの生みの親、日清食品の創業者・安藤百福(ももふく)さんと奥様の仁子(まさこ)さんです。
日清食品の社員の方たちもそれはドラマのOAを楽しみにしていたそうです。
脚本家の福田靖さんは、安藤夫妻の息子さんに直接お会いしてお話をお聞きしたそうです。
「チキンラーメン」をアメリカに売り込みに行ったパイオニア精神・カップヌードルを発明した好奇心・探求心の強い方だったそうです。
安藤百福さんは、自身の「チキンラーメン」が誰よりも好きで、亡くなる前日まで50年近く毎日食べていたそうです。ちなみに百福さんは96歳でお亡くなりになりました。

奥様の仁子さんと百福さんは本当に仲の良い素敵なご夫婦だったそうです。

第2週に続く

コメント